関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 光源・EO機器・ソフトウエア専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > 4 Picos ピコ秒 高速ゲートICCDカメラ Stanford Computer Optics

4 Picos ピコ秒 高速ゲートICCDカメラ Stanford Computer Optics



STANFORD COMPUTER OPTICS

スタンフォード コンピューター オプティックス
高速ICCDカメラ

 

4 Picos   ピコ秒 高速ゲートICCDカメラ



・フラットトップ幅90%の
ゲート時間200psec.超高速シャッターシステム
・ダイナミックレンジ拡張システムを使用した最大32ビットのダイナミックレンジ
・極端に低い内部システムジッター 10psec.以下
・高解像度CCD 1360 x 1024ピクセル (オプション)
・標準解像度CCD 780 x 580ピクセル (標準)
・最も高い多重露光繰り返しレート
・CameraLinkまたはUSB 2.0リモートコントロール
・f / 0.8 蛍光体とCCDセンサー間のカップリングレンズで歪みのないイメージング
・シングルフォトン検出
・UVからNIRまでのスペクトル感度 (フォトカソードのタイプに依存する)
・高速イメージングにおける複数の応用
・軽量でコンパクトなデザイン

概要
4 Picos ICCDカメラ 高速インテンシファイドCCDカメラ

超高速ゲートICCDカメラ

スタンフォード コンピュータ オプティク社(Stanford Computer Opitcs)は、
世界最高水準の高速ゲートICCD(intensified CCD)カメラの開発と進歩において25年以上の卓越性を基盤とし、
4 Picos ICCDカメラの導入により、ピコ秒時間分解能の分光法とイメージングの新しい基準が出来ます。


4 Picos ICCDカメラ シリーズは、CCDセンサとゲート イメージング インテンシファイアの技術から、
迅速な取得速度とシングル フォトンの超高感度の優れた性能を実現しています。
優れた検出性能は、最大3.3MHzのフォトカソード・ゲーティング・レート(バースト)の
高い量子効率(QE)イメージ・インテンシファイアによって作られます。

非常に低いジッター、低挿入遅延ゲーティング・エレクトロニクス、ピコ秒スケールの光学ゲーティングにより、

4Picos ICCDカメラ シリーズの包括的なトリガ・オプションと入出力インターフェイスジッターは10psec.以下のジッター。

パンフレット PDF
図面 PDF

文献 リンク


アプリケーション

高速撮影
プラズマ拡張ダイナミクス
3Dゲートビューレーザーレーダー
融合反応診断
蛍光寿命 (FLIM)



仕様
 

パラメータ

高解像度(HR) 標準解像度(SR)
内部露光時間 200psed. - 80sec.                              最小ステップ10psec.
外部露出時間 200psec. ... DC
トリガー伝搬遅延 内部ゲートパルス:60nsec.〜65nsec.
外部ゲートパルス:30nsec.〜35nsec.
ジッター <0.01nsec.
光シャッター繰り返し率

標準:200kHz(連続、最大1時間)、3.3MHz(バーストモード)
オプション:2MHz(連続)、3.3MHz(バーストモード)、要求時:5MHz(連続)

*注意:長時間使用すると、パルスアンプが損傷することがあります。

ダイナミックレンジA / D
14bit  / 4 Spec E イメージとデータ収集ソフトウェア付きで最大21bit
 
システム感度 1カウント/光電子pixel 以上、CCD上で最大80秒の積分時間
カメラデジタル出力 USB 2.0
CCD出力 標準:
12ビット
オプション:14ビット
標準:
12ビット
オプション:14ビット
CCD解像度 1360×1024ピクセル 782×582ピクセル
CCDpixel  サイズ 4.7×4.7μm 8.3×8.3μm
ビニング

1x1(フルフレーム)モード:
1360 x 1024ピクセル
2x2(ビニング)モード:
680 x 512ピクセル
ROIモード(対象領域)*:
456 x 342ピクセル

* ROI:中央1/3

1x1(フルフレーム)モード:
780 x 580ピクセル
2x2(ビニング)モード:
390 x 290ピクセル
ROIモード(対象領域)*:
260 x 190ピクセル

* ROI:中央1/3

フレームレート
(1x1 / 2x2 / ROI)

PCによる

12/14bitモードの時4.9 / 12.5 / 14.0 fps  
8bitモードの時
8.0 / 15.4 / 17.5fps
 

12/14bitモードの時12.5 / 20.0 / 23.0 fps 
8bitモードの時
15.4 / 20.0 / 25.0fps
 
フレームレート
(1x1 / 2x2 / ROI)
バーストモードの時 10.6 / 17.4 / 20.4fps バーストモードの時 29.4 / 54.1 / 66.9fps
利得 1x1およびROIモード:0-20db、2x2ビニングモード:0-25db
スキャンモード フィールド/フレーム、コンピュータRS232インターフェイスで選択可能
光インタフェース 標準:Cマウント
オプション:Fマウント
カップリングレンズ イメージ インテンシファイア間のカスタマイズされたカップリングレンズ- > 
ハニカム構造、歪みまたは光学ケラレなしの最高の画質
(MTFカットオフ@ 180 lp / mm)の
ためのCCDセンサー
イメージ インテンシファイア
タイプ
標準:シングルステージ
オプション:デュアルステージ

イメージインテンシファイア

直径18mm  オプションの直径25mmは2017年末に生産が中止になりました。
入力画像領域 直径18mm:14.4 x 10.8mm(視野)
光電陰極 標準:S20(UV)またはS25(IR)、その他はオプション
スペクトル感度 UV - NIR(フォトカソードに依存します)
蛍光体スクリーン 標準:P43、オプション:P46(500nsec.高速ダブルフレーミング用)
カメラの寸法 248×110×135mm、(I×w×h)、対物レンズなし
カメラの重量 3kg、(対物レンズ無し)
カメラマウント カメラの底面に1/4 "x 20とM8の取り付け穴があります。
電源 12V±5%
 

4 Spec E  ソフトウェア
4Spec Eソフトウェア は、カメラコントロール、ライブモニター、イメージングエディター、および分光分析の4つの機能モジュールをすべて1つのソリューションとして提供します。
ICCDカメラの操作、データの収集、分析、および処理に最適なツールです。
詳細な情報については、詳細ページをご覧下さい。

4 Spec Eソフトウェアスクリーンショット


ソフトウェアについてこちらの詳細ページをご覧ください


インテンシファイドCCDカメラ アクセサリー
1. スペクトロメーター(分光計)アダプター
スタンフォードコンピューターオプティクス社( 
Stanford Computer Optics)のICCDカメラは、スペクトロメーター(分光計)またはモノクロメーター(分光器)と組み合わせて使用できます。ICCDカメラには、一般的な分光器メーカーのアダプタを装備することができます。

2. 真空ラウンジ
スタンフォードコンピューターオプティクス
社( Stanford Computer Optics)のICCDカメラ内にはCF 63真空ラウンジが装備されています。
カメラのフロントエンドは真空キャンバー内にあり、イメージインテンシファイアの入力ウィンドウは真空の機能しています。空冷されたカメラエレクトロニクスの確実な動作が可能になり、真空からのフォトカソードへの直接アクセス、例えばMgF2ウィンドウ。

3. 入力レンズマウントシステム

スタンフォードコンピューターオプティクス社(Stanford Computer Optics)のすべてのICCDカメラには、最高の精度と最高のユーザー操作をカスタマイズする取り付け装置が付属します。
このマウントシステムは、ICCDカメラの高いイメージング品質を保証し、多目的アプリケーションに柔軟性を提供できます。
カスタマイズされたマウントシステムのための様々なアダプタが利用できます。
デフォルトでは、ICCDカメラにはCマウントアダプタが装備されています。
アダプターはオーダー時に指定する必要があります。

標準:Cマウントアダプター (付属)
オプション:Fマウントアダプター (Nikon)
その他のリクエストにも応じます。




お問い合わせ・お見積りはこちら

PAGE TOP

Copyright © 2016 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.