関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 光源・EO機器・ソフトウエア専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > 光学部品検査機器 OEG

光学部品検査機器 OEG

    
             OEG
             製品のための非接触 自動光学測定・試験装置




光学部品検査機器
光学部品、光学装置の測定・試験装置
MTF(変調伝達関数)は、光学系の結像性能を評価する客観的な基準です。 OEG GmbH社では、光学系製造における品質保証用の変調伝達関数(MTF)を、コンピュータ制御による完全自動測定の総合的な製品ラインを提供しています。

MTF検査装置  産業及び研究用


 

 

OEGのMTFベンチは、変調伝達関数(MTF)の測定によって任意の方位角およびタイプのオブジェクト/画像コンジュゲートのイメージング品質のオン・オフ軸の完全自動特性を提供します。




 

この操作領域は、可視および近赤外スペクトル領域のほとんどすべての標準光学系をカバーします。

変調伝達関数(MTF)は、光学画像品質のための認識された制御基準です。これは、軸上および画像フィールド内の光学系の解像度を特徴付けます。MTFに加えて、焦点距離、色収差、歪曲収差、非点収差、像面湾曲、被写界深度などの多くの他のパラメータを測定することができます。

1991年以来、OEG GmbHはMTF測定の分野で使用されています。

OEG-MTFベンチは、生産管理において、多くのドイツおよび国際的なかなりの光学メーカーで満足されています。研究室、実験室でも使用されています。

 

 

 

物体角度w = 100°のMTFマスター(2w = 200°)
 




 

  
 







 


  

水平セットアップ                    垂直セットアップ

 

MTF測定の理由

洗練されたデザインと製造技術があるにもかかわらず、レンズは製造誤差のためにイメージング品質において依然として大きく変化する可能性があります。レンズの結像性能の要求がますます高まっていることから、客観的に評価するための最も重要なパラメータとして、変調伝達関数(MTF)の助けを借りてその特性がますます利用されています。

光産業は、このパラメータを、光学システムの客観的評価のために有意義な品質関数として使用します。

MTFは、画像コントラストが空間周波数によってどのように変化するかを記述します。それは、余弦関数伝達で線グリッドの空間周波数の関数として、画像と物体のコントラストの比として表されます。空間周波数は、1ミリメートルあたりの線対(lp / mm)で表されます。MTFは、画像の解像度とコントラストで表現します。

MTF測定器のもう1つの特徴は、実際のアプリケーションと同様の状況でシステムテストが可能であることです。視野角位置、スペクトル範囲、物体面と像面との間の距離は、光学系の試験において複製またはシミュレートすることができます。


MTF-MASTER

測定原理
MTFの測定は、テストするレンズによって提供されるテストチャート画像の評価に基づいています。テストチャートのようにエッジまたはギャップ(ヘアクロス)が使われます。
 
テストチャート画像は、最高の精度で捕捉され、数学的アルゴリズムを用いた画像処理システムによって評価されます。
 線広がり関数のフーリエ変換は、複雑な光学伝達関数になります。MTFは、線広がり関数のフーリエ変換の大きさです。


測定手順
測定は、対話型または自動モードで実行することができます。
自動モードは、同じタイプの試料のシリアルテストに使用されます。
対話モードは、特別な試料の評価に使用されます。
対話モードでは、MTFがPC画面上にリアルタイムで表示されます。
対話型測定の結果は保存され、測定プロトコルのダイアグラムと一緒に表すことができます。
 
完全自動測定モードでは、測定テンプレートが自動的に処理されます。オペレーターは自由に測定テンプレートを生成することができます。
 
スタート後、完全な測定が全自動で実行されます。


 

MTF Variant 垂直セットアップ            

150mm フリー アパーチャー 垂直セットアップ
















OEG社製MTFベンチのメリット
·     リアルタイムの計算およびMTF、ESF(エッジ広がり関数)およびLSF(線広がり関数)表示
·     接線方向とサジタルMTF測定間の高速切り替え
·     ダイアグラムで自由に選択可能なMTF値との比較
·     オブジェクトの取り付け時の微調整用リアルタイムMTF
·     異なる測定波長間の簡単な変更
·     軸上および画像フィールドでの測定間の高速チェンジ
·     自動対称性測定
·     ジョイスティックによる操作やハードウェアの制御、マウスやPCキーボード
·     意味のある計測記録の自動生産(速報)
·     焦点曲線の図(所与の空間周波数に対するコントラスト)
·     ソフトウェア制御または手動フォーカス
·     ユーザー選択の空間周波数で自動フォーカス
·     色収差の手動または自動測定
·     ユーザーにより簡単にプログラム可能な測定手順
·     焦点距離(無限/有限)または倍率の測定(有限/有限)

 

製品VIDEOS  VIDEOSをクリックしてください。


MTF 計測システム カタログ PDF



 

OTS - Optics Test Stations  単レンズと光学システム用

 

光学テストステーションOTS200は、単レンズや光学システムのEFL、BFL、FFL、半径(凹/凸)、軸のMTFおよびセンタリング誤差のようなすべての古典的な光学パラメーターの測定システムです。OTSはコンピューターベースのソフトウェア制御で機能します。

 

OTS 200: 単レンズおよび光学システム用光学テストステーション

 
高速、簡単かつ正確な測定:
·      有効焦点距離(EFL)
·      バックフォーカス(BFL)
·      フランジ焦点距離(FFL)
·      凹面および凸面の曲率(R)
·      変調伝達関数(MTF)
·      単レンズおよび光学システムのセンタリング誤差、偏心
 
OTS光学テストステーションの特別バージョンは、円柱レンズの光学的および幾何学的パラメーター測定用に特別に開発されました。























 

OTS-Z: 円柱レンズ用光学テストステーション

OTS - Z シリンドリカル レンズ検査ステーション







測定ヘッドのモーター制御は、高い快適制御を有しています。
高解像度画像処理システムは、サブピクセルソフトウェアアルゴリズムと一体となって最も高い測定精度を保証します。
客観的でコンピューターベースの測定は、品質保証および入荷検査の間、規格要求事項に属します。OEG社の光学テストステーションを使うことで、これらの要求を良好に満足することができます。高精度、簡単な操作、自動測定満了およびロギングの可能性は、光学測定機器の新世代の特徴です。OTS-シリーズのデバイスは、これらの要件を満たし、光学製造におけるコンピュータ支援品質保証への入り口を切り拓くものです














最も精度の高いソフトウェア制御の測定
標準品としてOTS200とOTS500の2機器の光学テストステーションが用意されています。この2機種の違いは、焦点距離と測定コリメーターの開口部だけでなく測定範囲です。両方のデバイスの基本構造は、大部分同じです。
測定値は高解像度のCCDカメラで取得され、コンピューターの画像処理システムを用いて評価されます。すべての測定機能は、ソフトウェア制御です。



         

OTS 500  検査ステーション


数多くの測定機能
光学テストステーションOTSは、実際に発生する多くの測定タスクに適しており、サブピクセル分解能の測定機能で、オートフォーカスにより有効焦点距離(EFL)、後方焦点距離(BFL)、曲率(R)、光軸上の変調伝達関数(MTF)、センタリング誤差等の光学パラメーターの測定結果を非常に正確に提供します。
プランプレートやフィルターは、1アーク秒の精度で偏向角やウェッジ角度、傾斜角を、ソフトウェアの拡張および適切な機械的アダプターによって測定することができるようになります。




















インテリジェントソフトウェア、容易な取り扱い
ソフトウェアは、現在のオペレーティングシステムのWindows 2000/ XPで動作します。
ソフトウェアの主な項目は、画像処理システムと統合された3軸ステッピングモータコントローラーです。画像処理システムは、PCモニター上にCCDカメラのライブビデオ画像の再生と、測定の非常に正確な記録の両方の役割を果たします。
内蔵ステッピングモーター制御装置は、ソフトウェアによる測定装置の3軸の動作制御を可能にし、自動および/または部分的自動測定満了時の革新的な測定概念の基礎を形成します。
大きな重要性は、簡単かつ論理的なソフトウェアの表面に取り付けられました。測定満了およびオペレーターの操作手順は、ソフトウェアによって与えられます。
ソフトウェアは、数量生産における利用と個々のサンプルのサンプリングの両方をサポートしています。
一連の測定のための位置は、参照または画像面から保存することができます。そのため、同一の画像特性を有する試験片は非常に高速に測定することができ、曲率測定またはFFLやBFLの測定のような通常、何時間がかかる測定も高速に測定することができます。
単一の測定のために測定ヘッドは、ジョイスティックを用いて快適に敏感に配置されています。特に、これらの測定には、コリメーターのライブビデオ映像および/またはオートコリメーターのビデオ映像は非常に有用です。



すべての要件に対するドキュメントの可能性
測定の結果は、ASCIIファイルとして、または完全な計測レコードとしてtxt形式で保存することができます。txt-プロトコルは、かなりの程度まで自由に設定可能です。フリーテキストは、プログラム内にあるすべての情報と組み合わせることができます。これらは、例えば日付/時刻、測定結果および統計関数(平均値、標準偏差)です。プロトコルには、また、単純な、自由にプログラム可能な数式の挿入が可能です。必要に応じて、データはセントラルサーバーにネットワークを介して直接送信することができます。
主として古典的な測定原理が使用されていることは、光学製造ではよく知られています。
デジタル画像のサブピクセルアルゴリズムによって、OTSは、コリメーターと望遠鏡での視覚測定と比較して、明らかに高い測定精度が得られています。
すべての測定機能、原理およびソフトウェアの詳細な説明は、装置と一緒に供給されます。



光学機械の基本的なセットアップ
OTSの光学機械の主要コンポーネントは、測定コリメーター、測定ヘッドおよび測定ヘッド位置決めの電動式z軸が一体化した基本フレームです。測定ヘッドは、照明部とCCDカメラが付いたオートコリメーターで構成されています。これは、オートコリメーションの測定機能または望遠鏡(次に測定コリメーターに接続して)によって使用することができます。照明ユニットは、電子輝度制御を備えています。これは、試験片の反射特性または試験片の自由な開口部(オートコリメーションで使用することによって)調整を可能にするためです。CCDカメラは、オートコリメーターの視覚的なアイピースに取って代わります。カメラのライブビデオ映像は、画像処理システムによってデジタル化され、PCのモニター上に実時間で映像化されます。
 
電動z軸の有効ストロークは、要求測定範囲に適合させることができます。ステッピングモーター制御部は、0.015 mmの位置決め精度を可能にします。このように、オートフォーカス機能によって、像面位置の正確な検出が保証されます。測定結果の主観的影響は、オートフォーカス機能によって回避されます。センタリング誤差測定を除き、試料ホルダーは、光学業界で通常100mmまでの直径範囲を有する自己センタリングホルダーで構成されています。





OTS 200およびOTS 500の一般的な技術データ

パラメーター

OTS 200

OTS 500

測定コリメーターの自由開口

28 mm

65 mm

測定コリメーターの焦点距離

200 mm

500 mm

最大試料径

100 mm

200 mm

オートコリメーターの焦点距離

200 mm

200 mm

オートコリメーターの自由開口

28 mm

28 mm

照明 AC/コリメーター

LED/LED

LED/ 20 W ハロゲン

CCDカメラの分解能

440,000ピクセル(ご要望により高解像度提供可)

440,000ピクセル(ご要望により高解像度提供可)

電動軸

2

3

自動焦点

YES(MTF測定用:空間周波数を自由に選択可能な自動焦点)

YES(MTF測定用:空間周波数を自由に選択可能な自動焦点)

自動測定シーケンス

YES

YES

手動測定

YES(ジョイスティックにより)

YES(ジョイスティックにより)

ステッパーモーター・コントローラー

3軸、回転あたり40,000ステップ

3軸、回転あたり40,000ステップ

OS (Operating Software)

Windows 2000/XP/7

Windows 2000/XP/7

ソフトウェア

Windows

Windows

PC

技術技法のそれぞれの状態に応じた機器

技術技法のそれぞれの状態に応じた機器

PCのモニター

19インチ平面スクリーン

19インチ平面スクリーン



OTS200の測定機能および測定精度

機能

測定レンジ

再現性

精度

焦点距離(EFL

±500 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

後方焦点距離(BFL

±500 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

フランジ焦点距離(FFL

±500 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

曲率凹/

±500 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

MTF(軸上、正のBFLのみ)

0…200 l/mm

3%

3%

回折角

1.5°

1アーク秒

1アーク秒

ウェッジ角

1アーク秒

1アーク秒

傾斜(オートコリメーション)

0.75°

1アーク秒

1アーク秒


OTS500の測定機能および測定精度

機能

測定レンジ

再現性

精度

焦点距離(EFL

±1,200 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

後方焦点距離(BFL

1,200…+1,200 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

フランジ焦点距離(FFL

1,200…+1,200 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

曲率凹/

1,200…+1,200 mm

±0.04…±0.3 %

±0.04…±0.3 %

MTF(軸上、正のBFLのみ)

0…200 l/mm

3%

3%

センタリングエラー

 

センサーの再現性:1µm

センサーの精度:1µm

回折角

1.5°

1アーク秒

1アーク秒

ウェッジ角

1アーク秒

1アーク秒

傾斜(オートコリメーション)

0.75°

1アーク秒

1アーク秒



特殊な光計測器
OEG社は、カスタマイズされた測定器の開発に創業以来特化しています。 OTS標準デバイスが既存の要件を完全に満たしていない場合は、弊社と一緒に特殊要件を議論するために、ご連絡ください。もし、軸上だけでなく客観的視点でも光学系の解像度を評価しなければならない場合は、MTF測定器で当社の提案をご検討ください。


OTS 製品VIDEO  OTS product videoをクリックしてください。


OTS製品カタログ  ダウンロード PDF
 

 

LensTest  OTS 200 光学検査ステーション用ソフトウエア


Product development was financially support by

 







 

LensTest - OTS 200 Optics Test Station用ソフトウェア モジュール

 

ソフトウェアモジュールを備えた光学テストステーションOTS 200レンズテストは、レンズアセンブリ内のレンズ表面のエアギャップ、レンズセンターの厚さ、センタリングエラーを測定することができます。

ソフトウェア レンズテストは、組み立てられた光学システムとエラー解析の評価に役立ちます

LensTestはスタンドアロンのソフトウェアで、OTS 200ハードウェアとの関連で使用できます。

追加の機械的ハードウェア(アダプターなど)が必要な場合があります。

 

機能

- 複雑な光学系(組み立てられた)における表面位置の非接触測定

- 複雑な光学系におけるレンズの空隙測定(組み立て)

- 複合光学系におけるレンズの中心厚さの測定(組み立て)

複雑な光学系(組立)におけるレンズのセンタリング(センタリング誤差)の測定

 

 

LensTestは以下の測定機能を提供します:

- レンズ面のエアーギャップ

- レンズ中心厚さ

- 組み立てられた光学系のレンズ面の中心誤差

 

これらの測定作業のすべてについて、本質的な問題が現れます。各レンズ面と各レンズの曲率中心は画像としてのみ表示されます。画像の位置は、被検面の前に位置するすべてのレンズ面から影響を受けます。ソフトウェアパッケージLensTestはこの問題を解決します。レンズ光学系は、組み立てられた光学系の光学設計データから、各レンズ面の予想される位置を計算する。設計データは既知で、LensTestから読み込まれていなければなりません。

自動スキャンは、すべての反射を捕捉し、レンズ表面または曲率中心を対応する反射に割り当てる。これにより、反射の期待位置と実際の位置、および組み立てられた光学部品の品質の比較が可能になる。

曲率中心の位置の計算のために、以前の表面の偏心が考慮される。

センタリング誤差を計算するには、レンズを回転させる必要はありません。

 

LensTestは測定値を考慮し、それに応じて設計データを再計算します。

 

LensTestを使用すると、OTS-ハードウエアと組み合わせて、組み立てられた光学部品の迅速で簡単で安価なテストが可能になります。

                            LensTest   カタログ PDF 


 

MTF Master 200


物体角2w = 200°のMTF測定システム、完全自動、自由にプログラム可能、短いEFLのすべての光学系




MTF Master 200は、全自動MTF測定システムです。
標準装備は、対物/像結合を無限/有限にします。
対物/像結合の有限/有限の拡張は追加出来ます。
MTFマスター200は、短い焦点距離、開口角が非常に大きいすべてのレンズに最適なツールです。


測定機能
・MTF 接戦 / 矢状
・ライン スプレッド関数
・エッジ スプレッド関数
・焦点距離 (EFL)
・背面焦点距離 (BFL)
・フランジ焦点距離 (相対)
・対称
・主光線角度
・色収差
・像面湾曲
・ねじれ
・レンズの非点収差
・傾斜
・焦点深度

 

技術パラメータ
・最大有効径  20mm
・サンプルのためのEFL範囲  0 - 12mm
・MTF精度     ± 2%
・EFL測定精度 ± 1%
・分解能        0 - 500 lp/mm
・最大 物体 w      100° (2w=200°)
・最大 イメージ高さ 30mm  ソフトウエア制御 サンプル パラメーターによるイメージ解析の移動

・方位角計測          360° 自動回転 任意の方位角
・最大 サンプル直径 バイオネットネジ 80mm以下
・オートフォーカス  任意
・自動計測シーケンス 自由にプログラム可能
・手動/ 相互測定シーケンス ジョイスティック











 


製品VIDEO   VIDEOをクリックして下さい。


MTF Master 200  カタログ ダウンロード PDF
 

光学検査機器 カタログ ダウンロード PDF



MTF-Explorer  MTF-計測ソフトウエア 




変調伝達関数(MTF)、LSFおよびESFの測定用ソフトウェア。MTF測定は、センサーヘッドのCCDチップの調整。MTF Explorerは、既存の機器のアップグレードや、新しい価格効率の高いソリューションの設定に適しています。


MTF-Explorerは、変調伝達関数(MTF)、ラインスプレッド関数(LSF)、エッジスプレッド関数(ESF)の測定用画像評価ソフトウェアです。イメージソースへのインターフェイスを備えたWindowsソフトウェアで構成されています。これらは、標準のアナログビデオ信号用のフレームグラバー、デジタルカメラ用のWDMインタフェースです。さらに、最大16メガピクセルのBMPおよびJPG形式の画像を保存することができます。

 
 

MTF-Explorer:ユニバーサル ソリューション

MTF-ExplorerはMTF測定の入り口です。

画像取得が従来の顕微鏡やアナログCCDカメラ、固定された対物レンズを備えたデジタルカメラ。MTFエクスプローラはほぼすべてのアプリケーションに使用できます。

簡単なキャリブレーションが行われた後、MTFを直接測定することができます!

MTF-Explorerはデジタルカメラの画質の特徴を特徴としています。MTF-Explorerによる画像評価の助けにより、光学系の結像品質を測定することができるだけでなく、カメラエレクトロニクスのCCDチップ端部の影響を判定できます。

 
 

MTF 変調伝達関数

変調伝達関数(MTF)は、光学画像品質のための認識された制御基準である。軸上および画像フィールド内の光学系の解像度を特徴付けます。MTFは、線の格子の画像化のための空間周波数に依存して、余弦関数伝達で線グリッドの空間周波数の関数として、画像と物体のコントラストの比として表されます。空間周波数は、1ミリメートルあたりの線対(lp / mm)で表されます。

 
 

リアルタイムMTF測定は新しい可能性を提供する

画像処理システムに関連してCCDカメラを使用することにより、ラインまたはエッジ強度分布のリアルタイムデータが得られます。このデータから、MTFを計算することができます。MTFデータはPCに保存または表示できます。

CCDカメラは、MTF(sagital, tangential)の両方向をほぼ同時に測定できます。MTF-Explorerはリアルタイムのビデオデジタイジングのためにフレームグラバーを備えたアナログCCDカメラを使用します。高解像度のデジタルカメラ(USB 2.0またはファイアワイヤ)へのインターフェースも利用できます。エッジまたはギャップのライブビデオがPC画面に表示されます。測定フィールドは自由に選択できます。効率的な評価ソフトウェアを使用すると、測定フィールドをオペレータが定義できるため、インタラクティブな測定が可能になります。リアルタイム評価は、MTF測定とラインおよびエッジスプレッド機能の両方を指します。

 
 

測定原理

 

MTF測定は、エッジまたはギャップの画像(テスト中のレンズまたはテスト中のカメラ+レンズによって提供される)、メリジオナル方向およびサジタル方向の同時に行います。テスト試料によって生成されたエッジまたはラインの画像は、MTF Explorer Softwareに依って評価されます。

 
 

機能
・PC画面上で、MTF、ESF(エッジ スプレッド機能)、LSF(ライン スプレッド機能)のリアルタイム表示
・接線方向と矢状MTF間の高速切り換え
・ ダイヤグラムの中でMTF値を自由に選択可能

・微調整のためのリアルタイムMTF表現
・測定値のグラフィックと数値表現(オプション)
・異なる画像座標での自動測定
・シンプルなキャリブレーション
・データベース
・計測記録の自動生成(クイック レポート)
・デジタルカメラ用のソフトウエア インターフェイスとアナログ カメラ用のフレームグラバー


MTF-Explorer カタログ ダウンロード PDF




Pentatest  インラインMTF計測とアクティブ アラインメント


ロボットによる自動レンズ組立とカメラモジュールのアクティブ アライメントのリアルタイムMTF測定
 



カタログ ダウンロード PDF




電子コートコリメーター


メガピクセルのカメラ、高精度な評価ソフトウェア、測定機能、高精度、多用途での使用を可能にしたMoeller-Wedelオートコリメーター












· 測定信号のライブビデオ画像
· ヘアクロス(基準点)として、または数値として現在の測定値の視覚的表示ウィンドウ
· データ収集用のUSBカメラ
· LED照明

 

 




 

数値として基準位置に対する現在のヘアクロス位置のリアルタイム表示(基準位置を自由に選択可能)

基準位置に対する現在のヘアクロス位置の実時間表示(基準位置は任意の位置に設定することができる)

ヘアクロス位置、基準位置および数値の同時リアルタイム表示


·    デジタルUSB 2.0カメラでデータ収集
·    1.3メガピクセルの解像度(標準、他の解像度可)
·    角度測定の分解能 < 0.1アーク秒(焦点距離と自由開口部に依存)
·    焦点距離範囲 90ミリメートルから1100ミリメートル
·    自由開口 28ミリメートルまたは50ミリメートル
·    PCのモニタ上でライブ映像として測定信号を表示
·    グラフィック ヘアクロスの追加表示(例えば、基準点と現在のヘアクロス位置)
·    異なる単位で角度値として測定信号を表示
·    ズーム機能
·    測定値テーブル
·    自由に設定可能な計測記録の生成とプリントアウト
·    RS232や多数のソフトウェアインタフェースにわたる測定値の支出
·    許容値フィールドのアナウンス
·    豊富な付属品(取付板、基礎ミラー、スタンド、高速粗調整用のレーザ解像度)



グラフィックオペレータインタフェース
グラフィック・ユーザー・サーフェスは、視覚オートコリメーターに対して多くの利点があります。
 オートコリメーションヘッドに、最も多様な解像度のUSBカメラと標準のビデオカメラの両方を取り付けることができます。
 ソフトウェアは、光学用途(セメンチング、透過光/反射の偏向角、ウェッジ角)で使用するための多数の機能を提供しています。
 真直度と平坦度の測定用のソフトウェアは、実績のあるソフトウェアELCOLEVELにクリップボード経由で直接インタフェースを提供しています。
 ELCOLEVELへの直接インタフェースは、近々利用できるようになります。







新OTS-Z 光学検査ステーション   シリンドリカル レンズ用


有効焦点距離(EFL)、バック焦点距離(BFL)、半径(R)、フランジ焦点距離(FFL)、円筒軸と機械的中心線の間の不整合、円筒の軸に対するレンズの外縁のねじれ測定



OTS-Zは、シリンドリカルレンズの光学的および幾何学的パラメーター用のコンピュータ制御計測器です。これは、多数のパラメーター、広い測定範囲および単純な操作用の自動計測シーケンスによって特性化されます。OTS-Zは、実際に見られるほとんどの測定タスクに適しています。OTS-Zは、短い測定時間で正確な測定結果を提供します。

測定パラメーター
l  有効焦点距離(EFL)
l  後方焦点距離(BFL)
l  曲率半径(R)
l  フランジ焦点距離(FFL)
l  円筒の軸と機械的な中心線の間のミスマッチ
l  レンズの外縁に対する円筒の軸間のねじれ測定



透過/反射におけるシリンダー軸の不一致の測定
この関数は、シリンダー軸線の頂点線と基準線、通常は、シリンダーレンズの外縁の不一致の測定を行います。試料は、ストップにX / Yテーブル上に配置されます。
測定ヘッドは、反射画像が表示される(ライン)シリンダー軸線上に集束されます。ライン位置は、ソフトウェアによって高精度に測定されます。その後、試料を180°回転され、テーブル上の停止位置で再び配置されます。ミスマッチは、ライン位置のずれに起因します。測定は、透過についても可能です。



レンズの外縁に対する円筒の軸間のツイストの測定
この関数は、円筒軸と基準間、通常、シリンダーレンズの外縁との間のねじれの測定を行います。
測定には、電動式X / Yテーブルを使用しています。試料は、テーブル上の停止位置に置かれます。反射画像(行)が出現するように、測定ヘッドはシリンダー軸上に集束されます。
その後、シリンダー軸が測定ヘッドにより走査されるように、テーブルは停止位置に平行に動きます。もし、シリンダー軸とレンズの外縁間にねじれがある場合は、反射画像が動きます。
測定位置から、その動きが非常に正確に測定されます。
この測定から、ソフトウェアがねじれ角を計算します。測定は、透過についても可能です。


焦点距離と半径の測定

 

 有効焦点距離(EFL)

 バックフォーカス(BFL)

 曲率半径(R)

 フランジの焦点距離(FFL)




OTS-Z 検査ステーション カタログ ダウンロード PDF






 

 

MTF MASTER IIT   MTF検査ベンチ イメージ インテンシファイアー チューブ (IIT) 用

MTF MASTER IITは、MTF(変調伝達関数)の客観的基準によるイメージインテンシファイヤの結像品質を分類するように特別に設計されました。

 

MTF MASTER IITの内部



MTF MASTER IITは、MTF(変調伝達関数)の客観的基準によるイメージ倍増管の結像品質を分類するために特別に設計されました。
物体(ヘアクロス)は、IITの光電陰極上に定義された解像度と光強度で投影されます。 IIT画面上のこの物体の画像は、高解像度の画像処理システムとそのソフトウェアによって評価されます。
MTF MASTER IITは、電動の6軸を使って、IIT画面上の異なる位置でのソフトウェア制御MTF測定を自動的に行います。すべての6電動軸は1μmの解像度です。調整モードでは、それらはジョイスティックで制御できます。測定モードでは、それらは自動的に動き、ソフトウェアで制御されます。
 
 
MTF-精度:±0.04
MTF再現性:±0.02
測定方向:垂直/水平
測定原理:エッジやライン、接線/矢状の画像評価
周波数範囲:0.....200 lp/mm




MIT-MASTER IITは主な4つのコンポーネントから構成されています。
・連続調整可能な
照明ユニット、ソフトウエア輝度コントロール 
・レティクルと高分解能プロジェクション オプティックス付きオブジェクト ジェネレーター
・IIT-マウンティング ユニット 調整可能なDC電源 (低、高電圧)(3軸モーター駆動ソフトウエア制御)
・分析ユニット (顕微鏡観察 LWD オブジェクト、3軸
モーター駆動ソフトウエア制御) 
 

MTF‐精度

±0.04

MTF 再現性

±0.02

計測方向

Horizontal / vertical

計測原理

端または線の画質評価 

周波数レンジ

0.....200 lp/mm

プロジェクション光学の分解能

20% @ 300lp/mm

作動距離

>40mm

オブジェクト面の位置決め

1 モーター駆動ステージ、25mm 移動、 10μm 位置決め精度、 1μm 分解能

光源

‐タングステン ハロゲン ランプ 20W、カラー温度 2856±50 K
‐最も低い光レベル 103 Lux
‐光強度は連続的に制御

積分球

直径 約150mm

イメージ分析オプティックス

計測オプティックス 10x (高品質顕微鏡オプティックス)

作動距離

>30mm

位置決め

1  モータ駆動手動動作 (ジョイスティックまたはソフトウエアボタン) フォーカスのための25mm動作距離 軸ステージ (z‐ 軸)、位置精度10μm , 分解能1μm
2  光軸のプリアライメントのための手動移動ステージ (x,y‐軸) 、移動範囲25mm、分解能1μm 

最大計測直径

25mm

位置決め

2‐手動モーター駆動 軸ステージ (x,y‐軸、 ジョイスティックまたはソフトウエアボタン)、 各25mm 移動、位置精度 10μm、分解能 1μm  イメージ フィールド調整用に使用

オブジェクト/ イメージ接合タイプ

有限

ベンチのサイズ(約)

長さ:1800 mm  幅: 600 mm  高さ:700 mm

フォトカソード面のスリット幅

2 μm

レティクル タイプ

ヘアークロス




製品VIDEO 


MTF Master IIT カタログ ダウンロード PDF

 




CROSSDETECT  視覚的オートコリメーター アップグレード用ソフトウェア


小さな投資で大きな効果:CROSSDETECTは、CCDカメラを装備することができる視覚的オートコリメーターのすべての種類のアップグレード用に提供しています。画像評価ソフトウェアは、視覚的評価に比べて10倍精度が向上します。光学製造での品質保証のための完璧なソリューション




 

USBカメラを直接接続することで、高速高精度データ取得が可能
 

                    CROSSDETECT ソフトウエアは平行平面板、または高精度ウエッジ角度
                    測定システムとして使用します。

応用

CROSSDETECTは、特にオートコリメータとの関連で使用するために開発された画像処理システムです。角度測定の精度と自動化の向上に役立ち、数多くの追加の測定機能とサービス機能を提供します。

接眼レンズアダプタを使用することにより、各視覚オートコリメータにCROSSETECTを適合させることができます。このソフトウェアを使用すると、ビジュアルオートコリメータの精度は、視覚測定と比較して少なくとも10倍に向上することができます。



特徴
デジタルUSB 2.0カメラまたはアナログビデオカメラによるデータ取得
1,300万画素の解像度(標準、その他の解像度)
焦点距離範囲:90mm〜1100mm
フリーアパーチャ28mmまたは50mm
ラップトップモニター上のライブビデオとしての測定信号の表現
異なる単位での角度値としての測定信号の表現
ズーム機能
測定値テーブル
自由に構成可能な計測記録の作成と印刷
測定値のRS232および多数のソフトウェアインターフェイスへの出力
公差フィールド
広範囲のアクセサリー(取り付けプレート、基本ミラー、スタンド、素早い粗調整のためのレーザー分解能)
 


グラフィック オペレーター インターフェイス
 

 

 

 

 

 

 






 



グラフィックユーザ表面は、視覚的オートコリメータに関して多くの利点があります。それは疲れのない作業を可能にし、異なる表現の可能性を提供します。

このソフトウェアは、光学用途(セメント、偏向角、透過光/反射におけるくさび角)で使用するための多数の機能を提供します。

真直度と平坦度を測定するために、ソフトウェアはクリップボードを介して証明されたソフトウェアELCOLEVELに直接インターフェイスを提供します。



CROSSDETECT オートコリメーターのための画像処理ソフトウエア
カタログ ダウンロード PDF



 

f-ナンバー(F-値)計測装置


機能とアプリケーション

カメラの対物レンズのF-値は、焦点距離 f と有効入射瞳の直径の比として定義されます。
F-値測定システムは、光学系のFナンバーの自動ソフトウェア制御測定として提供されます。
セットアップは、CCDカメラ付スタンドと測定光学系から構成されています。
試料は、バックライト照明に位置しています。測定レンズは、集束され、試料の自由開口部からの画像を取ります。画像処理ソフトウェアは、PCのモニター上にリアルタイムで試料の画像を示します。ソフトウェアは、較正され、自動的に高精度の自由口径の直径を測定します。
F値は、測定された直径から計算されます。

 











      計測目的物とCCDカメラ                  PCモニター上のイメージ



Fナンバー計測システム カタログ ダウンロード PDF




測定サービス


OEGのラボを使用してMTF、焦点距離、バックフォーカス、cylindicalレンズ、プリズム、ポリゴンのパラメータの測定サービスを行っています。

 






OEGの非常に優れた設備の整った実験室を使用して、測定及びカストマイズされたソリューションの開発のためのサービスを行います。

MTF測定器
MTF   物体/画像  無限/有限  有限/有限
FEL    試料の範囲 1 - 600mm
口径 最大65mm
スペクトル範囲 VIS - NIR
EFL 歪 色収差

光学部品検査ステーション OTS200
EFL
BFL
FFL
軸上のMTF
半径

シリンダー レンズの光学部品検査ステーション OTS-Z
シリンダーレンズのすべての光学及び幾何学的パラメーターの測定

GONIOMATIC
プリズムとポリゴンの測定

フリンジ解析ソフトウエア
ISO 10110-5 干渉計からのフリンジ評価

オートコリメーターとソフトウエア
ウエッジ角
偏向角

カスタマイズされたソリューションの開発
・測定原理の開発
・光学設計
・機械的構成
・機械製造
・アセンブリー
・キャリブレーション
・オンサイト インストールとサービス






 

内視鏡 (エンドスコープ) MTF測定


すべての種類のレンズ/アイピース角度、内視鏡 (エンドスコープ) MTF手動計測システム

 




高速、簡単しかも正確なイメージフィールド、軸上のMTF測定

セットアップはモジュール式単一のコンポーネントに基づいています。コンポーネントは、ブレッドボード上の内視鏡(エンドスコープ)の種類(光入力とアイピースの角度)に応じて配置できます。

コンポーネント
・ブレッドボード
・フィルター付き調整可能な光源
・カメラ付き計測顕微鏡
・計測顕微鏡のためのx-y-z位置決め装置
・試料ホルダー
・MTF計測ソフトウエア


全てのコンポーネントは手動調整です。イメージフィールド位置は機械ゲージで計測されます。
計測と評価はソフトウエアで行います。MTF、ESF及びLSFの計測機能を持った画像処理システムです。
MTFはライブカメラまたは保存された画像から計測します。


MTFの計測に20年以上の経験
OEG社は1991年設立以来、MTFと光学パラメータの測定の分野で、光学検査装置を提供し、多数の測定サービスを行っています。


エンドスコープのためのMTF 計測 カタログ ダウンロード PDF


 


OHM 150   光学高さゲージ


光学高さゲージ OHM 150

  


アクロマット付きのエレクトリック オートコリメーターは、Z軸ソフトウエア制御、高精度のモーター駆動。
計測ヘッドは1μmの精度で計測します。試料表面にフォーカスします。画像処理システムを備えたソフトウエアがソフトウエアが制御します。

・カメラのチップ調整
・フランジ焦点距離(FFL) 計測
・光学高さゲージ
・レンズの曲率計測


 

光学高さゲージ OHM150 カタログ ダウンローhttp://www.oeg-messtechnik.de/public/media/pdf/2127564.pdfド PDF





車のフロントガラスのウエッジ角スキャナー



ウエッジ角と厚さ分布を測定するための、車のフロントガラスのスキャニング。

 





取扱説明書 ウエッジ角スキャナー (ウエッジ アングル スキャナー Flatscan HUD)
ダウンロード PDF


 

VIDEOを見る。




カタログ ダウンロード



カタログ ダウンロード

   光学検査機器

   レンズ検査













お問い合わせ・お見積りはこちら

PAGE TOP

Copyright © 2016 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.